20240212
バッグのサイズ
サイズ選びの参考に。

 弓を再開して最初に必要と探したものは、バッグだった。過去の経験を踏まえての求める条件は、優先順に以下の6項目。
1.リュック型(両手がフリーになるように)
2.がばっと大きく開いてすっぽり出し入れできる(スーツケースのような全開が理想)
3.軽くて丈夫、撥水性などあれば尚良し
4.四角い形
5.ポケットは少なくていい(どこに何を入れたか分からなくなるので)
6.カラーバリエーションが豊富(他人とかぶらない、紛れない)
 当時の楽天市場の、ファッションジャンルとスポーツジャンルのリュックをすべて見て、条件に合致して道着と弽と小物類が入る16Lをまず購入した(道着や和服の内容は、風呂敷でコンパクトを参照。荷物をいかに小さく軽くするかを第一に考えているので、弽を箱に入れたりしている人は、一式16Lは小さいかも)。その後も、一式+的→44L、一式+身の回り品→28Lと同条件のサイズ違いを揃えていって、大抵のことはこれらで事足りるようになった。遠征時には、折りたたみ式キャリーカートと組み合わせたりもして、その記事でも◯Lバッグと表記しているので、参考までにそれぞれの詳細を紹介します(※サイズ、容量については、メーカーサイトから転載)。
 ちなみにバッグを入手するまでは、東袋(横46cm×まち9cm;縫い代込み35×101cmで作成)にショルダーベルトを取り付けて、道着+弽の最低限セットでしのいでいた。

バッグのサイズ