20050502
ひとことで
ある日突然、考えたこと。

image スポーツ総覧のような本を見ていると、弓道は「武道」に分類されていたり「シューティング(標的系)」に分類されていたりする。どうも武道には「打ち合い」とか「格闘技的」といったイメージがあるらしく、そのせいか、弓道の分類はそんな宙ぶらりんな状態になってしまっている。
 確かに弓道は、武道とは言いながらある一面ではそこから離れた部分を感じる。正月や花見、月見、年越しにはお楽しみ会のような射会や行事があるし、時としてはお酒がふるまわれたりするし(初めて参加した時には驚いた)、その時には扇や絵的といった、普段とは違った的をねらったりもする。しかもそんな変わり的にはたいてい賞品があるので、射的のような面白さも加わる。
 そんな弓道の一面を見て、ふざけている、と思う人も中にはいるかも知れない。けれどもそれは、余興や息抜きであって、ふざけている訳では決してない。思えば、弓(標的系)の本質は、ねらったものを獲得することにあり、弓のおことば で矢の力、また矢によって得た獲物を「幸(さち)」と言うとあるように、決して相手を負かすことではない。あくまでも戦うべきは的であり、自分であり、弓においての他人とは、負けられない存在ではあるけれども、決して倒すべき敵ではなく、共に高め合う仲間のようなものに感じられる。大会の最中に他の支部の人から、ここがおかしいよ、とまさに敵に塩を送るようなアドバイスを受けることも多々あるし、一緒に昼食を取ったりすることを考えてみても。武道と言われるものの中ではたぶん唯一、日常生活から発生し、そして最も早く戦いの場から退いた弓だからだろうか、弓における他人とは、どちらかというと、集い、個々を生かし、親睦を深め、幸にあやかるためにある。
 弓には武道的、スポーツ的、娯楽的、思索的、啓発的、その他色々な面がある。けれど突き詰めていけば、結局は自分を生かし、高めるという精神に行き当たるので、弓道をあえてひとことで言い表わすとしたら、私は「遊びのある武道」ではないかと考えている。