20030728
お買い物リスト
買い物に付き合っているうちに、
こんなのも必要かな、と作ってみました(一般を前提にしています)。
は必要なもの、は揃えておきたいもの、は必要だけれども備品として常備されていることがあるもの)

まずはじめに
矢(近的) アルミシャフトに七面鳥の矢羽根のものが安価で手頃。矢羽根・シャフト・矧ぎ糸の色など色々とあるので、自分の趣味で選んで長さを合わせてもらう。
目安として、男性は2015、女性は1913のものを選ぶ。
故障した時のために、4本組より6本組の方を選んだ方がいい。
巻藁矢 羽根付きと羽根なし(棒矢)がある。危険防止、矢番えの練習のため、できれば羽根付きを選んだ方がいい。
矢筒 矢を保管したり持ち運ぶ時に入れておくもの。ビニールレザーの筒型が手軽。
筈・矢尻 欠けたり取れたりした時のために、2個ずつくらい常備しておく。
並弓用(紅巾に白巾)や伸弓用(紅巾に色巾)等があるので、使っている弓がどちらか確かめて購入する。また弓の強さにより太さも違うので、そこのところも確かめておく。
弦に中仕掛(なかじかけ)を作る時や、替えの筈や矢尻がゆるい時に使う。切れた麻弦の薬煉(くすね)を落としたものでも。
麻薬煉(まぐすね) 麻弦を小判形に編んだもの。これで弦をこすり、その摩擦熱で薬煉を染み込ませて弦の調子を整え、毛羽立ちを取ったりする。
薬煉(くすね) 松脂と油を煮溶かして練り合わせたもの。弦(主に麻弦)の整備に麻薬煉とセットで使う。
弦巻 替弦(かえづる;すぐに掛け替えて使えるよう準備した弦)を巻いておくもの。大会や審査に出る頃には必要。
ぎり粉 弽に使う滑り止めの粉。松脂製と杉脂製がある。
筆粉 汗止め、滑り止めとして左手と弓の握りに使う。籾殻を焼いたものが主流。甲烏賊(こういか)の甲を粉末にしたものもある。
粉入れ ぎり粉やふで粉を入れる小物。両方一緒に入れられるものもある。胡椒や唐辛子の空き瓶や、トラベル用詰め替え容器を流用する手もある。
吊り紐 弦巻に粉入れを吊り下げるもの。たいてい弦巻とセットになっていけれど、気に入らなければ個別に購入。自作してみても。
握り皮 弓の握り部分に巻いてある皮。四角形と帯状の2種類があるけれども、帯状のものを巻けるようになった方がいい。また借り物の弓でも、握りは許可をもらって自分に合わせるべき。
妥協せずに自分の手に合ったものを選ぶ。どうしてもない場合は手形を取って誂える。一番神経を使うかも。
下弽 サイズがあるので手に合ったものを。弽のためにも清潔に使いたいので、ある程度数があった方がいい。
弽袋 弽を入れる袋。弽を買うとたいてい貰えるけれど、きちんとしたものが欲しい。きんちゃく形、ふくさ形がある。
胸当て 女性は必要。材質としてビニールレザーやメッシュ、色も白、黒・クリアがあるので好きなものを。
足袋 底は柔らかいものより固いものを、しっかりして丈夫なものを選ぶ。2~3足をローテーションして履くと長持ちする。(ワゴン品でも呉服屋の物の方が品質はいい)
道衣 大中小などサイズがあるので試着させてもらうといい。男物(脇に明きがある)、女物がある。
木綿のミシン刺や博多織のものがある。女物は伊達締めしか置いてないところもあるので、とりあえずそれで代用。いずれは帯を締めるようにする。
サイズがあるので、できれば試着させてもらう。男物と女物があり、できれば紺より黒色のものを選ぶ。
弓道教本(第1巻) 弓引きを自認するなら、せめて第1巻は読んでおくべき。
道着類に関しては、こちら も参考に。

その他
風呂敷 90×90cm程度のものが道着等をまとめるのにちょうどいい。ビニール袋はむれるので不可。またちりめんは水気で縮むし伸びやすいので、木綿のものがベスト。
手拭い 弓や矢を拭くために。大会の参加賞でもらえたりする。
接着剤 木工用接着剤は中仕掛を作ったり整える時や、握り皮を巻き変える時に、セメダインは矢尻や筈をつける時に、瞬間接着剤は応急処置に。
やすり 最低平型と丸型の2本必要。平型は筈の幅を広げる時や丸形を使用した後のバリ取りに、丸型は弦に咬ませるよう削る時に使う。
文房具 鉛筆(シャープペンシル)、消しゴム、名前書き油性ペン、定規(15cm程度)、カッターナイフなど。A5くらいのチャック付き書類ケースに接着剤や麻、替え筈・矢尻などと一緒にしておくと、仕掛け道具、メモ、学科と兼用できて、いざという時に慌てない。
バッグ 道着や小道具一式が入る大きめのもの。あるものでいいけれども、ショルダーバッグやリュックなど、両手が自由になるものがいい。

そのうち
弓力が定まってから。グラスファイバー弓、カーボン弓、カーボン入り竹弓、竹弓などがある。
弓袋(弓巻) 弓を買うとおまけに貰えるけれど、きちんとしたものが欲しい。
弓合羽 弓用雨具。いざという時のために持っていた方がいい。
日弓連バッジ 日弓連(地連)の大会や審査を受ける時にはつける。50周年記念バッジでもいいらしい。
遠的矢 遠的をやるなら(近的矢でも届くけれど)。

あれば便利
雪駄 弓道衣で出歩く時に。この他では草履やサンダルなど。
扇子 暑い時に。布の貼ってあるものは涼しげに見える割に風は来ない(気がする)。
カイロ 寒い時に。袋形、貼り付け形、特殊形など、これでもかと駆使している人もいる。
肘用サポーター 弦で腕を払う時に。腕全体がカバーできる長めのものの方が安心できる。

◆ アドバイス ◆
  1. 顔なじみになるまで、または弓具について一通りの知識を得るまでは、一人で行かない方がいい(先生や先輩と一緒に行く)。
  2. 分からないこと、不安なところは積極的に弓具店の人、先生や先輩に聞く。
  3. 高価なものより自分に合ったものを選ぶ。上を見ればきりがないので、今の自分にとって何が必要かを考える。(「欲しい」ものと「必要」なものは全く別。特に初心のうちは故障させやすいので、高価なものは勿体ないだけ)
  4. 安価なものも高価なものも構造は同じ。 安価だからとぞんざいに扱えば、いつまでたっても正しい扱いは覚えられない。
  5. 全部を一度に揃える必要はない。まず 弽、矢、その周辺の小物、消耗品 → 大会や審査に出る時に 道着一式・弦巻等 → 弓力が定まってから、という具合に段階的に揃えていけばいい(初心者用としては、各2~4万円程度)。それでもなるべく早く手に入れた方が馴染むのも早い。