20011112
着物のたたみ方
しまうためにたたむのではなく、
次、着る時のためにたたむのです。

 先日、講習会に出かけたところ、くしゃくしゃと全体に余計なしわの入っている人がいた。道衣のように頻繁に着るものでないだけに、確かにしわはつきやすいけれども、きちんとたためばまず目立つところにしわが入ることはなく、特に男性に多かったので、正しい着物のたたみ方を知らないのかもと感じた。
 着物をきちんとたためないようでは、弓具も正しく扱えない → どうせ射も大したことがない、ように見えてしまうので、やはり着物のたたみ方はきちんと覚えておくべきではないだろうか。そう思えたので、ここに着物のたたみ方など紹介してみよう(リクエストもあったことだし)。
 ちなみに着物をたたむポイントは「縫い目でたたむ」「袖より小さくたたまない(持ち運ぶ時はやむを得ない)」こと。そうすれば、余計なところに無駄なしわは入りません。

着物のたたみ方(本だたみ)
1 2 3
1.衿が左に来るように着物を広げ、右脇縫いに沿って折る 2.手前側のおくみを縫い目から手前に折り返し、衿肩あきを内側に折る。 3.向こう側の衿先と裾を持っておくみにぴったりと重ね合わせ、衿、衿先、衿下も重ね合わせる。
4 5 6
4.向こう側の脇縫いを持って手前の脇縫いに合わせ、背縫いに沿って二つに折る。身頃、袖を重ねる。 5.上側の袖を身頃に重ね、丈を半分に折って折り返した袖に重ねる。 6.右袖山、裾、衿が重なった部分を持ち、裏返す。
7 8 ※説明のイラストは、弓道用の丈の短いものですが、一般の着物もこのようにしてたたみます。
※着物のたたみ方にはこの他にも「夜着だたみ」という、紋や金糸・銀糸の刺繍等を保護するたたみ方もあります。
7.袖を身頃に重ね合わせる。 8.たたみ上がり。

襦袢のたたみ方
1 2 3
1.衿が左に来るように襦袢を広げる。 2.右脇縫いが襦袢の中心に重なるように折る。 3.手前の袖を袖口が手前に向くように折り返す。
4 5
0
※厳密にこのたたみ方でなくてはいけない、という訳ではなく、着物と同じ「本だたみ」でもいいらしい。本によっては「1」の前に、図のように衿を始末するやり方もあります。
4.左脇縫いが襦袢の中心に重なるように折り、両脇縫いをつき合わせる。袖を2と同様に折り返し、裾を持って半分に折る。 5.たたみ上がり。

袖だたみ(立ったままたためるので、場所や時間のない時に)
1 2 3 ※この方法はあくまでも応急処置です。くれぐれもこのまましまい込まないように!
1.両方の肩山と袖山を持って合わせ、背縫いが内側に折れるようにたたむ。 2.左右の袖を重ねたまま袖つけで身頃に重ね、丈を半分に折る。 3.たたみ上がり。