20011126
懐炉(カイロ)
便利グッズの紹介。

image 冬場の必需品といえばカイロだろう。右手はかけがあるからいいとしても、左手は、どんなに寒かろうと素手だからだ。だから冬場の大会ともなれば、冷え症や寒がりの人は、一つと言わず二個も三個も、果ては足の裏にまで貼ったりして手放せない。
 しかし、使い捨てカイロではゴミが出る。再利用もできないゴミを出すことに、少なからず罪悪感を覚える私としては、特に寒い時期の大会にしか使う気になれなかった。それに使っているうちに、だんだんとぬるくなってくるのは気に食わなかったし、何よりまだ温かいのに必要なくなった時などは、もったいなくて仕方がなかった。
 ところが世の中には便利なものがあるもので、ホームセンターで「白金(ハクキン)カイロ」を見つけて以来、私はこれを愛用している。
 白金カイロとは、ベンジンがプラチナとの触媒作用で発生した熱を利用したカイロで、けっこう昔からあるものらしい。けれど、初めてこれを見つけた時には、ものすごいものを発見してしまったように思えた。それほど画期的なものに感じた。まず第一にゴミが出ないし、温度は一定だし、必要なければ火を消せばいいので経済的だし、パーツを取り替えることで長く使え、何より、使い捨てカイロを使い続けるよりも安かった。ただ一つ、貼れないのが難点だけど。
 これを見つけて以来、本当に気軽にカイロが使えるようになり、冬場の練習でもストーブにしがみついている時間は少なくなった。今では弓を引く時に限らず、冬場ともなれば仕事場にまで持ち込んで、肌身離さず持ち歩いている。
 そういえば最近気付いたけれど、カイロ用とはいえこの燃料のベンジンは、しみ抜きにも使えるのだった(考えてみれば当然だけど)。

■株式会社ハクキン http://www.hakukin.co.jp/