20170807
洗濯ネット
使ってみると、意外に便利。

image 弓に洗濯ネット。本来は何の関わりもないものだけれど、ある日ふと思い付いて、荷物の中に入れておいた。そして道場で練習を終え、道衣、Tシャツ、足袋、下がけ、手ぬぐいなどをその中に突っ込んでおいたところ、洗い物が一つにまとまっているので、思った通り、洗い物の仕分けと次回の用意が楽にできた。無精者の私にはその簡単さが合ったようで、以来、道着類と洗濯ネットをセットにしている。
 もともと私は旅行に行く時、大きめの洗濯ネットも持って行って、汚れ物をぽいぽいと放り込み、帰ったら中身を洗濯機の中に開けていた。そんなこともあって、この思い付きは当然の帰結でもあったと思う。それに他のものと一緒に洗濯する時には、下がけなどの小さなものは洗濯ネットに入れたまま洗えば、どこかに紛れ込んでしまうこともない、という利点もあった。
 弓を再開する時、洗濯ネットも新調した。最近は白いものばかりでなく柄物も普通にあって選ぶのが楽しい。それに、道衣、Tシャツ、足袋、下がけ、またすててこやうそつき襦袢など、洗いものはすべて白いものなので、色柄ですぐにそれと分かるのは、思いかけず便利に感じた。
 ところで、洗濯ネットに入れて帰っても、足袋だけは別にきちんと洗わないときれいさが保てません。それに脱水にかけると縮んでしまうので要注意。