弓道教室生スタイル


 弓道教室の要項を見ると、たいてい「運動に適した服装」とあるけれど、未経験で始めるとなると、まったく未知の世界なだけに、さて具体的に「どんな服装で行けばいいのか」とか、さらには「何を持っていけばいいのか」といったところがさっぱり分からない。思えば私自身も、半ば勢いで始めたようなものなので、教室の説明会に行って話を聞き、実際に見てみるまでは、正直どうすればいいのか分からなかった。ので、こんなものを作ってみました。
 たぶん、おそらく、こんな服装で参加すれば文句は言われないと思います(カタログからのトレースなので、弓らしくないモデル立ちです)。

弓道教室生スタイル
身だしなみ 弓道教室生スタイル
■髪型 長い髪は後ろでまとめる。ショートでもボリュームのある場合は、ヘアバンド等(カチューシャ、耳より顔側でのヘアピン不可)で押さえる。耳の出る髪型がベスト。
■アクセサリー類 ピアス、イヤリング、ネックレス、ブレスレット、腕時計等、すべて外す。ただし、視力矯正用の眼鏡はやむを得ない。
■Tシャツ 胸ポケットやボタン等のないものを。肩パットのついたおしゃれTシャツ、バンザイをするとへそが出るような短いもの、極端にだぶついたものは適さない。
■ジャージ 弓を引くだけでなく立ち座りもするので、Gパンやスラックス、スカート、また膝の出るショートパンツは適さない。
■足袋 木綿製の白足袋。化繊のものは滑るので適さない。大部分の弓道場は裸足不可(ストッキングも裸足と見なされる)となっている。
■爪 色もののマニキュアは避ける。また、拳を握った時に爪がくい込むようなら切る。爪が長いと指先でなく指の腹に力がかかり、きちんと弓が扱えないし、さらに弽(ゆがけ)の中で爪が邪魔して、正しい引き方ができないので。
持ち物等
■弓具等 足袋以外特に用意するものはない。ただし、経験者で弓具を所有している場合は持参する。
■参加費等 教室の初日あたりに集められると思う。
■汗拭き タオル等。夏場は必須。
■飲み物 水分補給に。夏場は特に必要。
■筆記用具・メモ帳 分からないこと等、メモするのに。
その他注意点
■名札 一般的に名札は左胸だけれど、弓に限っては右腰につける。
■貸し出し弓具類 教室中は責任をもって取扱い・管理し(弓の「引き方」だけでなく、「手入れ、取扱い方法」も教わりましょう)、教室修了後、またはマイ弓具購入後に点検・整備の上返却する。
■連絡 遅刻・欠席する場合は事前に連絡する。

※私が所属していた道場での弓道教室をもとに作成していますので、全国のすべての弓道会に当てはまるものではありません。またこの他に付け加えるべき事柄等ありましたら、是非お知らせ下さい。