弓引き着物のTPO?(シンプル版)


弓引き着物のTPO?

  正装 略 装 練習着 稽古着
着物
(羽二重・縮緬)
色無地
(左記以外の黒を含む)
その他無地
(綿 麻 ウール)
柄物
(派手でないもの)
弓道衣
5・3・1
半襟
無地
(黒?)
無地 無地 無地 無地 稽古袴
縞 or 無地 無地 無地 無地
履物
(鼻緒)
礼装用(白)
雪駄・草履
礼装用(色・柄)
雪駄・草履
普段用(色・柄)
雪駄・草履
普段用(色・柄)
雪駄・草履・下駄
普段用(色・柄)
雪駄・草履・下駄
なんでもあり
雪駄・草履・下駄
サンダル・靴
・実際の雪駄や草履は、安価なビニール表のウレタン底が主流。女性も←に同じな女物の雪駄や草履、和装用の草履など色々。しかし実体はなんでもあり。
上着 ・男性の正装では本来は「黒五つ紋羽織・白羽織紐」を合わせるが、基本的に道場内では脱ぐ(ただし、主催者、審査員といった立場の人は着ていることがある)。もちろん射場では脱ぐ。
・女性は道行コート、道中着、羽織などがあるが、あくまでも防寒目的。
・たいていの人は、着物でもジャケット、コートなど、「なんでもあり」で通している。一部の女性は弓道衣でも道中着など合わせた姿を見かける。
演武          
矢渡し        
介添 大会    
(場合により)
射会    
(場合により)
審査
(五段まで?)
   
(段位による)
大会
講習会
射会
練習
※ 上表は、相当、弓引き用にアレンジされており、実際の和装TPOと異なる部分が多々あります。
※表内「●」は相応しいと思われるもの、「○」は実際に見かけ許容範囲と思われるもの。判断基準は、多数派 > 相応。
※「色無地」とはあくまでも 着物の色 のような色みを感じさせない深いものか、白に近い淡いもの(地紋なし)。
※「紋」は抜き紋(5・3・1)or 縫い紋(1)。加賀紋は除外。
※男性袴の「縞 or 無地」については、羽二重には縞、縮緬は縞か無地、紬・ウールは無地(同素材)を合わせる。また縞の太さは、目安として 細 > 太 で改まったものになる(太い方が若向きという説もある)。選ぶなら、細めの方が無難。
※「大会」とは県以上の公式的な大会をいい、「射会」とは弓道会等の内的な大会をいう。ただし神社等の「奉納射会」は別格(そのあたりのランク付けは各人の思想・思念による)。