20050404
休止中にもの思う
ある日突然、考えたこと。

image 前々から、姿勢が悪いとか、歩き方が変だとか言われていた。その上に、冷え性、生理痛、腰痛、肩や首がいつも張っている、偏頭痛持ち、ときているので、健康番組の受け売り的に、きっと背骨とか骨盤なんかが歪んでいるんだろうな、などとぼんやり思っていた。
 ある日のこと、セーターを脱いだら首がつって動かなくなり(数分でおさまったとはいえ)、恐くなってカイロプラクティックの心得がある知人に診断してもらったところ、ものの見事に歪みまくっているという結果だった。
 話を聞きながらあれこれと考えてみれば、Tシャツが片方だけずり下がるとか、帯が水平にならないとか、足踏みが上手くいかないとか、決して弓手が強い訳でもないのに矢が後ろに行きやすいなど、おそらくそれが原因と思われる現象は多々あった。そしてその目に見える歪みが原因となって、前述のような症状として現れているということだった。
 そんな訳で現在、歪みを矯正すべく努力している最中だったりする。そして痛みがあるうちはその気になれず、弓を再び休止している最中だったりもする。
 「弓道=健康」や「弓道=正しい姿勢」という図式が何となく存在している。けれど今現在の私は、健康(正しい姿勢)になる運動として弓を引くのか、健康(正しい姿勢)だからこそ弓が引けるのか、少し分からなくなっていたりする。それは弓を引いている時に感じる「的中が先か射形が先か」「射技が先か体配が先か」のようで、まさに「卵が先か鶏が先か」だったりする。
 きっとその答えは、いつまでたっても出ないような気がする。そして悩み続けながら、成長していくような気がしている。