20050207
節分
ある日突然、考えたこと。

image 今年は2月3日が節分だった。この日、スーパーマーケットに行ってみると、普段はお惣菜類が並んでいる棚に「恵方巻」なる太巻きが並べられており、それを買い求める人々がいた。
 節分が、ここ数年で明らかに変わっていると思う。豆をまくにしても、小袋入りや殻つきピーナッツで代替したり、関西の一部地域の風習だった恵方巻が全国区に広まったりと。恵方巻の裏には、バレンタインデーにチョコレートのような販売戦略的なものを感じない訳でもないけれど、節分に何もしなくなるのも物寂しいと、代わりを求めていたからとも思える。そして豆まきは豆まきで、寺社で残っていくような気もしている。
 節分に限らず、これからも様々な行事がすたれたり変わって行くかも知れない。時代の流れとして、きっとそれは避けられないことに違いない。けれども、これはこれで悪いこととも思えない。
 弓の世界も、私がちょっと休止しているうちに、何やら色々と変わってきているようだ。しかもそれは、流動的なものでなくむしろ積極的な変革のようだし、失うものと得るものも分からず、結果どうなるのかさっぱり分からないものでもある。それでも、弓引きが弓引きとして、変わらぬ気持ちで的に対していれば良いのではとも感じている。