20030127
閑話休題・三十三間堂大的全国大会(後編)
やって来ました、京都編

 実を言うと、今回の京都行きは、初めての三十三間堂参加、初めての一人旅、初めての高速バスだったりした。そのせいか、紆余曲折というか、右往左往というか、終わりよければすべて良しというか、万全の防寒対策が仇となる程に天気も良く、また結果的にやりたいことをやって満足ではあったけれど、アクシデントも多々ある道中だった。とりあえず報告として、以下に当日の旅程などまとめてみました(完全に自己満足です)。

06:00 京都駅 到着
起き抜けでぼんやりとしているうちにバスが出てしまい、慌てて道端に降ろしてもらう。てくてくと駅前まで歩き、同じところを2回通るなどして一日バスチケットの販売所を探したが見つからない。そうしているうちにどういう訳か目的のバス停に着いてしまったので、仕方なくバスに乗る。
07:00 北野天満宮へ参拝
学科対策に参拝。営業時間(?)外で、お守り等が買えなかったので、しっかり牛をなでてくる。参道を出たところでバスが通り過ぎてしまい、開会式や矢渡しは間に合わないとあきらめる。周囲で朝食が食べられそうなところを探したが見つからず、京都駅へ戻ることにする。
08:00 京都駅(地下街) 朝食
地下街でホットサンド&サラダ&紅茶のモーニングを頼む。せっかくだから京都らしいものをと探してみたが、やっぱりこういったところしか開いていなかった。
09:00 某変身処 着物レンタル
駅から歩いて到着。途中、この道でいいのかと心配になり、同じ道を歩いていた高校生(おそらく)に尋ねたら目の前に看板が。受付をし、一番地味な着物を選び、さて着替えるかと髪を整え、持参のかんざしを挿したら、思わず破壊。芸妓用(しかし見るからにプラスチック板)の余っていたかんざしも貸してもらう。
09:45 京都駅前 タクシー乗車
歩いて駅前に戻り、バス停へ向かう。つい先刻と比べ物にならない人の多さにどのバスに乗ればいいのか分からなくなり、いっその事、とタクシー乗り場へ。弓矢持参の着物姿の人もちらほら見かけ、一緒に乗ってワリカンにしたら安くなるのになぁ、と思いながらも話しかける勇気もなく、一人で乗り込む。ちなみに、三十三間堂までは640円(混雑によっては720円になることもありえるそうだ)。
10:00 三十三間堂到着 大会受付・大会見学(のつもり)
記念品立ち順を確認し、受付。ゼッケンに参加者名簿と記念品のハンドタオル、絵葉書セットを貰う。弓矢の置き場探しがてら弓具店の出店を覗き、その近くの隙間に落ち着く。取り敢えず弓だけは張っておく。(壁や木の幹で弓を張るのはやめましょう)
それにしても、人出が物凄い。参加者が多いのはもちろんのこと、あでやかな振袖の女の子達の存在感は圧倒的だし、それを狙うカメラ小僧&おじさんや、付き添い、観光客と立錐の余地もない。新成人の射と大会の段取りを見ようにも、見学ポイントの人垣は既に幾重にもなり、とても入り込める隙もない。見れば、木に登ってまで見ている人もいたし(これもやめましょう)、手慣れたカメラマンは脚立を持参していた。
11:00 三十三間堂 堂内見学
お守り暇つぶし第一弾に堂内を見学する。何しろこの日に限って拝観料はタダの上に「楊枝(やなぎ)のお加持」も受けられる、となれば、見ておかない方が損というもの。堂内の混み具合はラッシュ時を思わせたけれど、観音様のオーラが勝ってか思ったほど騒がしくはなく、そんな観音様を真剣に見ていた野武士風の外人さんが印象的だった。「楊枝のお加持」は受けたというより通過した感じで、それでもこの混雑では仕方がないというもの。堂裏側の弓の展示など見ながら出口へと押し流され、そこで「宝弓御守」と「勝守」を購入、そして堂を出たところで絵馬などを眺める。掟やぶりの箇条書きや複数のお願いが多かったのは時代なのか……?
12:00 三十三間堂 昼食・堂外散策
軽く出店のタコ焼きなどで済ます。暇つぶし第二弾に入口の看板前で写真を撮ったり撮ってもらったりし、見ず知らずの新成人の女の子と少し喋ったりもした。午後1時を過ぎると新成人やその付き添いもはけてきて、控えのテントが空いてきたので、弓矢はそちらへ移動させ、興味半分に「襷指導所」を覗く。もう既に襷をかけて貰っている人はいなかったけれど、袴紐を前で結び直してもらっている新成人や、最後の方の新成人が髪飾りを払わないだろうかと相談に来ていた。話ついでに引く時だけでも荷物を預かってもらえないかと頼んでみたが、責任を取れないからと断られる。こんな時、一人は不便だ。手荷物預り所かコインロッカーが欲しかった。
14:30 三十三間堂 大会参加
ようやく立になる。一立12人2分間という超速の上、一斉取懸け、前の人より早く離してもOKという段取りで、とにかく早く早くと急かされた(予定時間より30分?ズレ込んでしまっていたらしい)。中らなかったし、正直いつの間にか終わっていて「やるだけやった」というよりも「やることやった」という感じ。それでも、何だか妙に楽しかった、というのが正直な感想。大会側とお寺の行事側で世界が二分していたせいか、退屈することはなかったし、天気が良かったのでいい具合に人がばらけていたし、振袖の女の子たちも目の保養になったし、その周囲の人々(カメラマンや観光客等)の行動も見ていて結構面白かった。2,000人クラスの大会特有の待ち疲れはあまり感じられなかった。
15:00 某変身処 着物返却
三十三間堂から某変身処まで歩いて向かう。途中、写真館のディスプレイに振袖袴で弓を持っている写真を見かけ、これも土地柄なのかと思ったりする。
また某変身処で着物を返し袴をたたんでいたら、珍しいとみえて、いやにじっくりと見られてしまった。
16:00 京都市内 土産物屋巡り
荷物は駅のコインロッカーに預け、第二の目的である土産物屋巡りに出発する。三条通 → 新京極 → 四条通(往路)ときて、八坂神社に参拝する。石黒香舗、よーじや、京都クラフトセンターetc... と、目当てだったところ、目についたところに入っていったが、弓がかなり邪魔に感じる。けれど、土産物屋の人たちからは「三十三間堂?」と気さくに話しかけてくれたり、親切に店の隅に置かせてくれたりしてありがたかった。
四条通(復路)となると、さすがに足がだるくなってきて、弓矢を持って歩く行者のような気分になってくる。弓を引くということは、弓矢の移動の不便さも背負うことになるのか、なんてしょうもないことを考えながら、歩き疲れてバスに乗り込む(そして混雑した車内に、不便さをさらに噛み締めることになる)。
19:30 京都駅(おみやげ小路) 土産物屋巡り2
京都駅地下の土産物屋で、重くてかさばるからと後回しにしておいた菓子類を購入する。街中ではあまり見なかったものの、駅構内では弓矢を持った人をちらほらと見かける。ばっちりまとめたヘアスタイルに洋服姿の人達を見かけ、明日そのまま着物を着て成人式に出かけるのかと思ったりする。賢い。浮いてるけれど。
20:00 京都駅(ISETAN) 夕食・休憩
レストラン街で夕食。湯葉うどんセットなど頼み、ようやくにしてまともな(京都らしい?)食べ物にありつく。いいかげん歩き疲れているので、休憩所でしばし休憩する。
21:00 京都駅(駅ビル) 暇つぶし
高速バスのバス停を確認し、駅ビル内の本屋で雑誌など立ち読みする。同じようなことを考えているのか、小さな店内ながら私以外にも2人、弓を抱えている人がいた。21:30に本屋が閉店になってしまったので、コインロッカーから荷物を取り出し、すぐ目の前のバス停に向かう。
22:00 京都駅 出発
やって来たバスに荷物を積み込む。弓矢は一番後ろの座席のさらに後ろの隙間に寝かせておいたが(行きの時も)、隣の別のバスでは車内持ち込みにできずトランクに入れているようだった。バス会社によって対応が違うんだなぁ、と思っている内に発車。高速道路に乗る前に眠ってしまい、三十三間堂参加京都旅行は幕を降ろす。