20030127
閑話休題・三十三間堂大的全国大会(前編)
考えるだけ~の、プラン編

 毎年、京都に行きたい、三十三間堂に行きたい、三十三間堂大的全国大会に参加したい、と思いながら、結局は実行できずにいた。何しろ、茨城の片田舎から京都までとなれば、時間もかかるし、お金もかかるし、乗り換えの面倒臭さもあるし、しかも泊まりになるだろうから荷物も多い。そんな、考えるだけで疲れるところへ行きたがる方が酔狂というもの。そう騒いでいるのは私一人だけだった。
 2002年10月、今度こそは、と何故だかやたら盛り上がっていた私は、一人旅を敢行することにした。その詳しい内容をと言えば、できれば日帰りで、荷物も極力少なく、弓を引き、観光もし、土産屋巡りも楽しもう、という欲張りなもの。実際には「足かけ3日、日帰り気分」になったものの、3か月前から計画して臨んだ。とりあえずは、その段取りなど紹介してみよう。

2002年10~11月
申し込み時点で色々とハプニングがあったものの、何とか申し込みを済ます。
ここで、誰かに何かの役に立つかも知れないので、私が取った申込書の請求方法など。
あれこれと人に聞いた結果、地連を通さずに京都府弓道連盟に直接申し込むことしか分からなかったので、それではと昨年10月にオープンした全日本弓道連盟の公式サイトから京都府弓道連盟の電話番号を調べ、電話をしてみた。けれど、何度かけても留守番電話だったので、郵便番号、住所、氏名を吹き込んでおいたところ、きちんと申込書が郵送されてきました(私の発音が悪かったのか名前が間違っていたけれど)。
ちなみに、郵便番号、住所、氏名、電話番号に、三十三間堂大的全国大会申込書希望、と明記してFAXする方法でも良かったらしい。その方が間違いもなく、電話代もかからなかったかも。
2002年12月中旬
交通費、乗り換えの手間の解消のため、高速バスを利用することにして、バスの乗車券を購入する。
往復ならばいくらか安くなるので、当然のごとく往復で購入する。
2003年1月上旬
荷物を少なくする為、着物レンタルの申し込みをする。
京都観光関係のホームページを探してみると、割とあちこちで「舞妓体験」みたいなサービスをしているところがあり、そのPRのすみっこにはまた、「着物一日観光」のようなプランがある。袴、帯は持参するにしても、荷物はかなり軽くなるし、何より着替える場所に困らないとなれば、これを利用しない手はない、ということで申し込む(ただしコートの用意はないということなので、コートは持参することになる)。
2003年1月11日
出発準備。
荷物を少なく、のテーマのもと「仮に何か必要になったとしても、京都だからコンビニあたりで調達できるだろうし、そもそも、必要になる程現地にいないし」と割り切って、持ち物は日帰り以下の必要最低限にとどめ、その代わりに防寒対策を万全にする。
そして、出発。
1月11日午後8時15分、まずは道場へ弓を取りに行き、そしてバスの乗り場に向かうのだった。

閑話休題・三十三間堂大的全国大会(後編)へ続く