20021223
マンガの背景
ある日突然、考えたこと。

image マンガでは、スクリーントーン(以下トーン)という、透明のフィルムに模様が印刷されたものが、ある意味必需品になっている。ドット(点々)の大きさや密度によって様々な濃淡があり、また色々な模様の物もあり、これを貼ることによって簡単に絵に陰影、模様、効果がつけられる。
 10年位前だろうか、このトーンに画期的な変化があった。空や雲や波紋、炎、光線など、背景やパーツとしてそのまま使えるものが販売され、それまではトーンを削ったり、重ねたり、または延々と線を引き続けたりして、やたら時間と労力がかかり、またセンスや経験を必要としていた作業が、たった1枚の、出来あがりのトーンを貼ることによって事足りるようになった。
 それによって、ちょっとイラストを描くのが得意な人が、一見本職並みの仕上がりを得られるようになった。反面、プロもアマも誰もが同じメーカーの同じ背景を使っているので、どれもこれも一様に見え、抜群に上手い人でもない限り、本当の技量が見えなくもなってしまったようにも感じられたが。
 何枚ものトーンを使い、時に削って仕上げた深みのある背景は、線が太く重い、写実的な絵に合う。対して一枚を貼りつけただけのあっさりとした背景は、線が細くスマートな、また単純化された絵に合う。私が見る限り、一時は猫も杓子も使われていた背景トーンだけれども、今ではトーンも、それを使う人も、便利なものは便利なものとして取り入れ扱いが洗練されてきて、それぞれの画風、表現手法によって選ばれているように見える。
 いつもの如く、こじつけのようだけれど、そんなことを何気なく考えていたら、竹弓とグラス弓の存在と通じるように思えてきた。竹弓は引いているうちに形(なり)が崩れてくることがあるので、注意深く観察して、その都度調整することが欠かせない。明らかに形の狂った弓を使っていれば、射や的中に不利があることはもちろん、故障の原因にもなるし、その人の弓具に対する見立ての甘さ、知識の浅さや扱いの不備を露呈しているに他ならない。けれど、グラス弓は特に形に気を使う必要がなく、せいぜい弦が伸びているかどうかを見ていればいい。そんな風に。
 イラストにどんなトーンをどんな風に貼るか、それはその人が何を求めて、またどんな絵を描くかによると思う。同じように、竹弓を使うかグラス弓を使うかは、その人が何を求めて弓を引くかによると思う。