20020923
円周率
ある日突然、考えたこと。

image 3.1415926535 8979323846 2643383279 5028841971 6939937510 5820974944 5923078164 0628620899.......
 この数字の羅列が何かは、たいていの人は知っていると思う。それでは、友寄英哲さんという人のことはご存じだろうか?
 勘のいい人なら分かっただろうが、この円周率の暗唱で何度も世界一になった人だ。数字の語呂合わせという、独特の記憶法で円周率を覚え、現在は、70代・5万桁に挑んでいるという。(50代で4万桁を達成した時には奇跡と言われたそうだ。参考に、ライバルは20代の若者)
 彼に関する新聞記事が目に入り、興味にかられて読んでみたら、こんな文章があった。

 一番のスランプは三万ケタを超え、四万ケタを目指したころ。「こんなばかばかしいことをして何になるのか」という疑問に取り付かれ、やる気を失った。その途端、どう頑張っても一ケタも頭に入らなくなった。
 立ち直ったのは、一ヵ月後。「じゃあ、いまのおれにとって、ばかばかしくないこと、本当に役に立つことって何だろう」と考えてみて、記憶術のおかげで、いかに多くのものを得たかということに気付いたという。
 集中力がついたし、友人がいっぱいできた。健康にもいい、朝は一番に目が覚め、勉強を始めたくて跳び起きてしまう。(中略)好奇心はますます盛んになる一方で、最近は英語の勉強にも熱中している。

 思えば私も、「何の為に弓を引いているのか」と疑問を持ってしまったことがあり、その上で今に至っているので共感を覚えた。そしておそらく私たちは、円周率を覚えて何の役に立つのか、面白いのか——たぶんそう考えてしまうけれど、実際のところは弓引きも、一般人にそんな風に思われているに違いない。