20020826
趣味の違い?
弓具の変革(?)について。

image 久しぶりに弓具店に行ってみたら、思わず目を疑ってしまうような矢があった。それは、七面鳥を目にも鮮やかなパステルカラーに染めたもので、あまりの矢羽根らしくない色に驚くよりも唖然とした。
 何だか、年々、七面鳥を染めた矢羽根が派手になっていく気がする。私が弓を始めた頃(平成9年)は、羽根の全体又は一部を黒く染めたものがほとんどで、色ものとしても、かなり濃い緑や茶、グレーしかなかった。それが今では、目にも鮮やかなピンク、黄緑、水色、オレンジ、果ては縞模様や水玉模様、花柄、ゼブラ柄(!?)まである。しかも矢羽根ばかりにとどまらず、シャフト(アルミ矢の棒の部分)や筈もカラフルになっている。
 そんな色もののパーツを組み合わせた矢は、見るからに派手で奇抜なものになり、弓具店ではかなりの異彩を放っている。面白いとは思うけれども、私自身は絶対手にすることはないだけに、どんな人が買うのだろうかと、常々、興味を持っていた。……そして、見てしまった。
きゃー、かわいい~~heart(←まさにこんな感じ)
 高校生らしい女の子2人組が、弓具店に入るなり真っ直ぐにピンクの矢羽根、シルバーのシャフト、濃ピンクの矧糸の矢に向かうのを。(写真は合成によるイメージですが、ほぼ再現されていると思います)
 そういった奇抜な矢は、学生が個別認識(自己顕示?)のために買うらしい、とは聞いていたけれど、迷った末に選ぶものと勘違いしていた私は、なかなかに斬新なその趣味に、再び唖然とするしかなかった。

本文中のハートマークは   からお借りしました。