20020225
よみがえる源氏物語絵巻
ある日突然、考えたこと。

image 源氏物語絵巻を復元するというドキュメンタリー番組を見た。
 その番組の前半は、一流の研究者、学者、画家が集まり、絵巻にX線を照射したり、それをフィルターを通して写してみたりと、最新機器を駆使して分析し、消えてしまった色、見えない線を見ようとするもので、後半は、復元画家が風になびく秋草——それこそ見えない風をどう描けばいいのかと苦心するものだった。
 復元画家の仕事ぶりを見ていたら、「ただ見た目が同じ絵を描けばいい」ことではまったくないことに驚いた。それが描かれた時代、画材、技術、何よりも画家の思い、季節の感じ方を線一本一本に込め、描き出していく。「模写」であるはずなのに、描かれているのは紛れもない「本物」で、もし見られるならばその2つを並べ、復元された絵の、描かれた当時そのままの色合いと王朝時代の雅びやかさを見、そして残された絵巻の歴史を感じてみたいとさえ思った。
 弓も、「射法八節をただなぞればいい」と言うものではないと思う。もちろんそこから外れる訳にもいかないけれど、あくまで基本を大切にし、その動作一つ一つをしっかりと行いながら、気を高め、また鎮め、集中しながら囚われることなく、力まず弛まずに全身全霊を一射にかける。またそれを見る者にしても、前後の動作を含めた一矢に至るまでの精神、力、その緊張感といった、目に見えるものばかりでなく、見えないものまでも感じ、またその余韻を味わうことが、暗黙の内に尊いこととされている。
 それは、 相撲の取り組みや茶道といった、段取りが多いと言われる日本文化全体にも当てはまっているようで、研究者や画家が見えない線を見、また描くことによって「本物」を目指したこと、そしてそれを見た人が、結果だけでなくその課程も含めて素直に素晴らしいと「感じる」ことこそが大切だと、日本人は昔から考えていたのではないかと思われた。