20011022
どこか弓と通じるところ
ある日突然、考えたこと。

image 室伏広治というハンマー投げの選手がいる。日本人には太刀打ちできないとされていたパワー系の競技でも、世界と渡り合うだけの力を持った選手だ。
 シドニーオリンピックの前あたり、そのドキュメンタリー番組を見たことがあった。ずいぶん前のことなので、記憶は曖昧になっているけれども、そこで、彼の記録の秘密は無駄のない美しいフォームと遠心力を最大に生かした投げ方だ、といったような説明があり、それを聞いて、どこか弓と通じるところがあると思ったことがある。
 弓を引く時、弱い弓で鋭い矢を、強い弓を軽く引くことを尊ぶ。弱い弓を弱々しく、強い弓を辛そうに引くことは当然のことで、むしろその人の未熟さを露呈しているに過ぎないそうだ。
 弱い弓で鋭い矢を出すためには、弓を引く時や離れでつい殺してしまう弓の反発力を、無駄のない骨格によった動きと偏りのない正しい力加減、絶妙な離れのタイミングで最大限に生かし、すべて矢に乗せることが必要になり、強い弓を軽く引くにもまた、最小の力で弓を受け、かつ押し引きできる引き方が重要で、つまり弱い弓で鋭い矢を、強い弓を軽く引くことができるということは、当然その射形(しゃけい;フォーム)は縦横に骨格がかみ合って微動だにしない、それでいて伸びのある、離れでもぶれのない美しいものになる。
 言ってみれば、正しくそして美しく弓を引くには、「いかにして弓をねじ伏せ思うように使うか」ではなくて「いかにして弓の力を受け止め生かすか」。別の言葉で言えば「射法は弓を射ずして骨を射ること最も肝要なり」ということなんだと思う。