20010813
風呂敷
弓引きの隠れ必須アイテム(?)、風呂敷。
何でもないものだけれど、こだわりを持てば楽しめます。

image 結構色々なものがある。材質でいえば木綿や化繊、それに絹。柄なら千代紙風のプリント、絞り染め、花鳥柄、江戸小紋に、オーソドックスな唐草模様。そして柄や材質以外にも、各種大きさも取り揃っている。50cm角、70cm角、90cm角、110cm角位のものが一般的なところだろう。
 で、風呂敷といえば物を包むためにあり、弓引き(私だけ?)は意外にこれを活用している。弓引きの持ち物には小物が想像以上に多いので、案外と重宝するのだ。そして物を包む、という本来の使い方は勿論、この風呂敷を畳紙(たとうし)代わりに着物や袴をたたんだり、さらにはこれを材料にして小物を作ったりしている。50cm角の大きさのものは弽を包むのにちょうどよく、90cm角のものは道着等をまとめるのに、そして110cm角以上のものは畳紙代わりに使うのにいい。
 そして弓引きばかりにとどまらず、日常生活でも活用している。ちょっとした物を運ぶ時、ビニール袋や紙袋では大きさが合わなかったり味気なかったりするけれども、風呂敷ならばある程度の大きさは融通がきくし(長くても丸くてもOK)、季節に合わせて柄を選ぶ楽しさもある。容器包装リサイクル法の影響か、最近はスーパーなどで買い物袋持参の運動をしていたり、レジ袋を断ればカードにスタンプを押し、それが一杯になったら金券として使える、というところが増えてきた。そんなところでも、風呂敷は活躍する。たためばコンパクトにまとまるので、持ち運びにも困らない。
 風呂敷というと、どうも古臭くて身近でないイメージがあるかも知れない。でも、この本とホームページをぜひ見てもらいたい(本の方がおすすめ!)。きっと、これまでの「風呂敷観」が見事に崩れるに違いない。

■包んで結んでふろしきに夢中 森田知都子 著 日本ヴォーグ社
■ふろしき研究会 http://furoshiki.life.coocan.jp/