20010813
意訳(!?)礼記-射義-
ある日ある時、こんな言葉が浮かんできました。

意訳(!?)礼記-射義-

■ 原文 ■
しゃ進退周還しんたいしゅうせんかなられいあたり、うちこころざしただしく、そとたいなおくして、しかのち弓矢ゆみやること審固しんこなり。弓矢を持ること審固にして、然る後にってあたると言うべし。これって徳行とっこうるべし。
しゃじんの道なり。射は正しきをおのれに求む。己正しくしてしこうしてのちはっす。発してあたらざるときは、すなわち己に勝つ者をうらみず。かえってこれを己に求むるのみ。

■ 解説 ■
「礼記(らいき)-射義(しゃぎ)-」とは、孔子(紀元前500年頃の中国の思想家。「論語」で有名)による儒教の教えで、49編から成る「礼記」の46編目が射義編です。弓道教本に掲載されているものは、その冒頭と最後のあたりを抜粋したもので、主に弓道における礼儀作法と、あるべき姿について述べられています。